ご当地情報を知りたい人へ

最近「ご当地」というものへ関心が強くなっている。この関心の中には「ふるさと税」が注目されてきたことも一つの理由だと感じます。
「ふるさと税」は、日本各地の地方自治体へ寄付金という形で納税するもので、このふるさと税で納税をした人は現在暮らしている場所での所得税と住民税から1割控除されるといったものです。
「たった1割」なんて思うかもしれませんが、1割でも控除されるというのはかなり魅力的ですし、この「ふるさと税」を納税すると、納めた地方自治体から何かしらの特産品や工芸品をもらうことができるといった取り組みがされているため、その贈られる商品が自治体の特産品で魅力的なもので、納税額が違うといったことも起こっており、自治体もふるさと納税をしてもらうために贈り物に力を注いでいるといった点があげられます。

極端な話だと、土地や住居を納税者に贈るといった自治体も存在するようで、贈られるものが注目を浴びるといったことがしばしばあります。
他にも特殊な例として1日町長といったものまであります。

ふるさと納税だけでなく、他にも色々なことがあり、現在は日本の地方自治体へ関心を寄せる人が増えたのは事実です。

魅力的な土地

また、都心部で生活していた人が、地方自治体で生活基盤を作るといった人も増えています。
ありていに言ってしまうと、都会暮らしよりも田舎の暮らしにあこがれを持つ人が増えたということです。
そのため、魅力的な特産品であったり、土地柄といったもので、移住する人が多い少ないといったことも起こっています。

人気としては、海や山、自然の中で暮らすといったことに憧れをもっている人が自然豊かな場所を目指す傾向にあります。

そのため、沖縄などの海が奇麗な場所へ移住する人、自然の中で農作業をしたい人が北海道などへ移住するといったことがあります。

しかし、この移住もただ単に引っ越しすればいいというものではありません。
今まで都会で暮らしてきたのに、まったく知らない土地で生活を始めれば、それだけ問題も多く発生します。
こうした問題を事前に知っておくためにも、ご当地情報は欠かせません。

移住する年齢層は様々で、最も多いのは高齢になり、または定年退職を迎えて余生を田舎でゆっくり生活したいといった人が移住するケースですが、ここ何年かは若い人が田舎の暮らしにあこがれて移住するといったケースも増えています。

ですが、この若い世代が移住するといったのにも色々問題があります。
それぞれの年代ごとに起こりやすい移住することの問題もここでは紹介していきたいと思います。

メニュー